歴15年トレーナーが伝えるピラティスメソッド

マシンピラティスとは?初心者が始めるメリットを徹底解説

マシンピラティスとは?初心者が始めるメリットを徹底解説

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

  • マシンピラティスって何?
  • マシンピラティスのメリットがわからない
  • 初心者でもできる?

このような疑問はありませんか?

ピラティスは世界中で大人気のエクササイズ。フィットネスクラブのスタジオでは、ピラティスを楽しんでいる会員様の姿をよく見ます。

でもフィットネスクラブで体験できるのは、マットの上でおこなうマットピラティスだけ。

マシンを使った本格的なピラティスのことを知らない方は多いかもしれません。

そこで本記事では、トレーナー歴15年の私から、マシンピラティスのメリットとデメリットを詳しくお伝えします。

結論を先にいうと、初心者こそマシンピラティスがおすすめです。

マシンピラティスが気になっている方には、モチベーションが上がる内容になっています。ぜひ最後までご覧ください。

マシンを体験してみたい方におすすめ

マシンピラティスの種類|いろいろある

マシンピラティスの種類|いろいろある

ピラティスで使用するマシンは次の5つが代表的です。

  • リフォーマー
  • キャデラック
  • ワンダチェア
  • ラダーバレル
  • スパインコレクター

それぞれ写真付きで解説していきます。

リフォーマー

画像引用:Balanced Body公式ページ

リフォーマーは「身体をリフォーム(修正)する」ことが名前の由来。ピラティスでもっとも有名なマシンのひとつです。

マットではできない動きを再現でき、インナーマッスルを使いながら手足を動かします。ほとんどの動きをマシンに任せられるため、初心者にも最適です。

想像つかない方向け参考動画

キャデラック

画像引用:Balanced Body公式ページ

キャデラックは、リフォーマーよりもダイナミックで大きな動きができるマシン。ベッドを柱で囲い、スプリングを使います。普段は意識できない細部の筋肉を伸ばし、関節の可動域を広げることに役立ちます。

想像つかない方向け参考動画画

ワンダチェア

画像引用:Balanced Body公式ページ

ワンダチェアは、イスの形をしたコンパクトなマシン。姿勢を安定させて下肢と体幹の動きを整えることができます。腰痛などで仰向けの姿勢をとれない人でも負担なくエクササイズができることもポイントです。

想像つかない方向け参考動画

ラダーバレル

画像引用:Balanced Body公式ページ

ラダーバレルは、誰でも簡単に背骨のストレッチができるマシン。背骨を曲げたり、伸ばしたりしやすい構造で、腹筋や背筋を重点的にトレーニングできます。

想像つかない方向け参考動画

スパインコレクター

画像引用:Balanced Body公式ページ

スパインコレクターは、ラダーバレルより難易度の低い背骨を整えるマシン。胸郭の柔軟性を獲得し、腹筋を鍛え、猫背や反り腰を解消させます。

想像つかない方向け参考動画

マシンピラティスのメリット|なぜ、初心者におすすめ?

マシンピラティスのメリット|なぜ、初心者におすすめ?

マシンピラティスは、マットとは違ったメリットがあります。私が実際に感じたり、聞いたりするメリットは次の5つです。

  • 難しい動きを補助してくれる
  • 負荷の微調整ができる
  • 部分的なエクササイズができる
  • ピラティスらしさを感じる
  • シンプルに楽しい

どういうことか説明します。

難しい動きを補助してくれる

自力ではできなかったエクササイズも、マシンを使えばできることがあります。

例えば、マットのロールアップができなかった場合。キャデラックのひもを使えば、動きを補助してくれるので起き上がれます。

ロールアップとは

仰向けに寝た状態から、脊柱を動かして起き上がってくる種目

マットでは難しかったエクササイズを簡単にできることが、マシンピラティスの魅力です。

負荷の微調整ができる

マシンを使うと運動強度の微調整ができます。

スプリングやひも、背もたれなどを活用すれば、負荷を軽くすることも重くすることも簡単です。

マットの場合でもインストラクターが工夫すれば運動強度を調整できます。しかしマシンの方が圧倒的に負荷設定が楽です。

ですので、ケガからのリハビリや高齢者の運動にも、マシンピラティスが大活躍します。

部分的なエクササイズができる

「腹筋を集中してトレーニングしたい」
「背骨の上の部分をやわらかくしたい」

そんな部分的なエクササイズができることも、マシンピラティスのメリットです。

先に紹介したマシンを見ていただくと、ベッドやイス、樽、フレーム、いろいろな形状があることがわかります。それだけ多くのエクササイズができ、動作の細かい部分の修正も可能です。

補足

部分的に集中したエクササイズをするには、インストラクターのサポートが必要になるケースが多いです。

マットではイマイチ鍛えられなかった部分も、マシンピラティスなら効果を実感できるかもしれません。

ピラティスらしさを感じる

マシンを使うと「ピラティス」っぽさを感じられます。

というのは、ヨガとの最もわかりやすい違いが「マシンを使う」ことだからです。ヨガはマシンを使いません。

だからリフォーマーでピラティスをやっていると「ピラティスで体を整えている」実感できます。

ピラティスとヨガの違いは、ピラティスとヨガの違いは?答えるだけで適正がわかる5つの質問の記事で詳しく解説しました。

シンプルに楽しい

そして、なぜかマシンを使った運動はシンプルに楽しいです。

まったく個人的な感覚ですが、オモチャで遊んでいるような楽しさ、おもしろさがありました。

ずっとやっていたい、そんな気持ちになれるのもマシンピラティスならではのメリットではないでしょうか。

マシンピラティスのデメリット|以外な点も

マシンピラティスのデメリット|以外な点も

マシンピラティスのデメリットと言える点は以下の3つです。

  • できる場所が限られる
  • 指導者が必要
  • 離れられなくなるかも

解説していきます。

できる場所が限られる

マシンピラティスは、できる場所が限られることが難点のひとつです。

ピラティス専用スタジオであれば、マシンが揃っている可能性は高いですが、一般のフィットネスクラブにはまずありません。自宅にリフォーマーがある人もほぼいないでしょう。

マットピラティスはマットだけあればできるので、いつでもどこでもできます。

しかしマシンピラティスはそれなりの設備が必要です。「手軽さ」という面ではデメリットといえます。

指導者が必要

マシンピラティスを正しく使いこなすには、マシン指導の資格をもったインストラクターが必要です。

なぜなら筋トレマシンと違って、素人でも何となく使い方がわかるものではないから。

また、マット指導の資格とマシン指導の資格は異なります。マシン指導の資格をもったインストラクターでなければマシンピラティスを正しく教えられません。

マットピラティスであれば自宅でYouTubeを見ながら何となく真似できます。マシンピラティスはそうはいきません。

各マシンの長所を最大限に活用するには、指導者の存在が重要です。

離れられなくなるかも

あるピラティスティーチャーの話によると、マシンから離れられなくなる方もいるようです。

前述のとおり、マシンには難しい運動を簡単にしてくれるメリットがあります。本来は、そこから徐々に難易度を上げて、マシンの補助なしでも正しいエクササイズができるようすることが目標です。

ところが「簡単」に味をしめて、難しいエクササイズに挑戦しなくなるんだとか。

マシンに頼ってばかりだと、自身が成長できなくなる可能性があることも覚えておくべきかもしれません。

マシンピラティスの効果|全人類におすすめ

マシンピラティスの効果|全人類におすすめ

前提として、マシンはピラティスメソッドの一部なので、ピラティスの効果がそのままマシンピラティスにも当てはまります。そしてピラティスの効果をひと言で説明すると以下です。

身体の悩みがなくなる

ピラティスのエクササイズを続けると、体幹が強くなり、脊柱の柔軟性が高まり、各関節の負担が減り、身体の使い方が上達します。その結果どうなるか。

  • 姿勢がよくなる
  • 腰痛や肩こりが解消される
  • スポーツパフォーマンスが向上する
  • ウエストが引き締まる
  • ストレスが解消される
  • 内臓の働きが良くなる

このように、身体の悩みをほとんど解決できるのがピラティスです。

なぜピラティスが効果的かについてはピラティスにはどんな効果がある?猫背から肩こりまでスッキリ解決のワケの記事で解説しています。

マットとマシンの違い

マットとマシンの違い

ここまで読んでみて「マットピラティスとマシンピラティスどっちがいいの?」と疑問に思った人もいるのではないでしょうか。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、一概にどちらがいいとは言えません。

でも、ダイエット目的でピラティスをやるなら、マットピラティスがおすすめです。

理由はマットピラティスとは?ダイエット目的の方へおすすめする3つの理由の記事で解説しています。

まとめ:初心者こそマシンピラティスがおすすめ

今回はマシンピラティスのメリットとデメリットについてお伝えしました。もう一度整理しておきます。

マシンピラティスのメリット
  • 難しい動きを補助してくれる
  • 負荷の微調整ができる
  • 部分的なエクササイズができる
  • ピラティスらしさを感じる
  • シンプルに楽しい
マシンピラティスのデメリット
  • できる場所が限られる
  • 指導者が必要
  • 離れられなくなるかも

マシンピラティスの効果はひと言でいうと以下。

身体の悩みがなくなる

姿勢改善や身体の引き締め、肩こり解消などに最適なメソッドです。身体に悩みがある方は、軽い気持ちでマシンピラティスを始めてはいかがでしょうか。